50代の日焼け止め選びと注意点

50代の日焼け止め選びのポイントは2つ、

 

しっかり紫外線をカットできること、そして肌に負担をかけずに使えることです。

肌への負担は特に考慮

50代日焼け止めおすすめ効果特徴使い方選び方

年齢を重ねるにつれてこの2つのバランスが重視されるようになり、

 

50代になるととりわけ後者を意識したうえでのバランスが求められます。

 

肌が若く、紫外線を浴びる機会が多い年代では紫外線をカットする効果が何よりも求められます。

 

しかし年齢を重ねて肌が老化していくにつれて刺激に敏感になってくると紫外線のダメージはもちろん、日焼け止めそのものの負担も意識しなければならなくなってくるのです。

効果が高いと肌への負担も大きい

「とにかくSPF・PAの数値が高いものを選んでおけばいい」と安易に効果の高い日焼け止めを使い続けていると

 

意識しないうちに肌への負担を蓄積させてしまい、老化をますます進行させてしまうことになりかねないので注意が必要です。

 

50代の紫外線対策のポイント
・ケースバイケースで使い分ける
・日焼け止めの種類
・スキンケアでの紫外線対策

 

50代日焼け止めおすすめ効果特徴使い方選び方

シチュエーション別に使い分ける事は、40代頃からこの意識が必要になってきますが、

 

日差しを浴びる量が多いときには効果の高い製品を、それほど浴びないときには控えめな製品を、と状況に合わせて使い分けるのです。

 

買い物などちょっとした外出程度ならSPF20、PA++程度でも十分カバーできるので肌に優しい日常用と、

 

しっかり紫外線を防げるレジャー用の2つを用意しておくとシチュエーションにあわせた紫外線対策をしやすくなります。

紫外線吸収剤タイプは敏感肌には不向き

日焼け止めには大きく分けて2種類があります。

 

紫外線吸収剤:肌が紫外線を浴びたときに化学反応を起こすことで無害な物質へと変換
          非常に優れた紫外線カット効果を発揮
          化学反応そのものが肌に負担をかけてしまう面がある
          →刺激に敏感になっている肌には適していない

 

 

紫外線散乱剤:日差しの強い日の紫外線をしっかり防ぐことができないこともある
          →シチュエーションに合わせて使い分ける工夫が重要

 

50代日焼け止めおすすめ効果特徴使い方選び方

また紫外線の負担を避けるためには乳液や化粧下地でも紫外線対策を行う方法もあります。

 

こうしてケアを分散させたうえで刺激の少ない日焼け止めを使えば、肌に負担を蓄積させることなく紫外線を防いでいくこともできるでしょう。

 

50代になったらこうしたきめ細かなケアへの意識も必要です。

 

このように紫外線を防ぐことを前提にしつつ、いかにして肌に負担をかけずに無理なく毎日のケアの中で使い続けることができるかが日焼け止め選びのポイントになってきます。

 

50代になると季節や健康状態によって肌の状態が変化しやすいだけにそのあたりも意識しながら製品を選んでいきましょう。

編集部で実際に使ってみた50代におすすめの日焼け止め

B.A プロテクター

近赤外線もブロック!シリーズ共通うるおい成分も配合された日中用クリーム

50代日焼け止めおすすめB.Aプロテクター効果特徴使い方選び方

フェイスクリームみたいに濃厚なテクスチャーなのに、肌の上でスルスルと伸ばせてべたつきもしません。かなり白いので白浮きも心配でしたがそれもなく、肌に程よくぴったりと貼り付く感じで、乾燥から守ってくれるのが分かりました。独特の香りがするので好き嫌いが分かれそうですが、それ以外は申し分ないかと思います。

ジェルとクリームの長所を両立した日中用クリーム。紫外線より肌の奥に届きたるみやしわを生み出すとされ、近年注目されている近赤外線を防ぐ効果があるのが特徴です。またBAシリーズ共通の「ゴールデンLP」が肌に潤いを与えてくれ、日中も瑞々しさを保てます。きしみ感が苦手な人・日焼け止めでもハリを改善したいという人に。
11,880円・税込
公式HPへB.Aプロテクター

 

編集部アボカドの感想

50代日焼け止めおすすめB.Aプロテクター効果特徴使い方選び方

取り出すと形が残る位、しっかりしたクリームタイプの日焼け止め。

 

だけど簡単にすっと伸びて、フェイスクリームみたいに肌を覆ってくれました。

 

被膜感や圧迫感もなく、取り出した時とのテクスチャーの違いにびっくり。しかも昼間も肌が全然疲れません。

 

更に夜メイクオフしてみたら、普段より肌が乾燥していなくて、これが美容成分の効果なのかと嬉しくなりました。

 

日差しから守ってくれるだけでなく、スキンケアも出来るから、日焼け止めの刺激や乾燥が気になる50代にお勧めですね。

 

《商品解説》
B.A プロテクターは紫外線だけでなく近赤外線もカットできる新しい発想の日焼け止めです。

 

POLAの最新の研究に基づく技術が採用されており、刺激に敏感な50代の肌荒れ対策やエイジングケアにピッタリの内容になっています。

紫外線だけでなく近赤外線も肌にダメージ

50代日焼け止めおすすめB.Aプロテクター効果特徴使い方選び方

活性酸素やメラニン色素など肌トラブルの原因となる物質を増やす要因といえば紫外線。

 

だからこそスキンケアでは紫外線を防ぐための対策が重視されます。

 

しかしPOLAの最新の研究では、紫外線とともに太陽光に含まれている近赤外線も、肌にダメージをもたらす悪影響を備えていることが明らかになっています。

 

肌のハリを悪化させる真皮層へのダメージという点では紫外線よりも脅威になるとも言われています。

 

従来のエイジングケアではこの近赤外線のケアが十分ではなかったことで、老化やシミの進行を防ぐことができなかった可能性がある…

 

ということでこのB.A プロテクターでは紫外線と近赤外線の両方をカットできる目指しています。

 

独自のハイブリットプロテクト処方
2種のクリームの組み合わせ:
・紫外線・近赤外線をカットしつつ肌を密閉する効果を備えたダブルプロテクトクリーム
・保湿効果を備えたジェルクリーム

 

→肌を太陽光から守りつつ、潤いとハリを維持

 

保湿成分
ゴールデンLP:B.Aブランドを代表
EGクリアエキス:レンゲソウから作られた
YACエキス:ヨモギから作られた

 

いずれもPOLAのオリジナル成分

これらの成分を角質層に浸透させたうえで表皮にフタをし、紫外線を近赤外線をカットすることで肌の健康を保ち、乾燥やシワの改善に役立ちます。

 

UVカット効果はSPF50、PA++++。日常の外出からレジャーまで幅広い用途に役立ってくれることでしょう。

 

B.Aプロテクターの特長のまとめ
・ハイブリッドプロテクト処方 ジェルとクリームを組み合わせ、日焼け止め効果と保湿効果を両立
・オリジナル保湿成分配合
・SPF50・PA++++の国内最高峰レベルのUVカット効果

参照:ポーラ化粧品の効果と口コミ・上手な使い方

B.A B.A プロテクター 52歳 乾燥肌

1.あなたの肌の状態と悩みは?

50代日焼け止めおすすめB.Aプロテクター効果特徴使い方選び方

40代半ばから肌が乾燥しやすくなって、しかもクレンジング・日焼け止めは合わなかった場合、すぐに肌に痛みを感じるようになりました。元々乾燥によるくすみが気になっていたのに、上手くUVケアが出来ないことが不安で、自分が使える日焼け止めを探していました。

 

2.その日焼け止めを選んだ理由は?

前からB.Aに興味があって、一時期多くの雑誌にシリーズのアイクリームのサンプルがついていました。気になってサンプル目当てで雑誌を買って試したら、目元が痛くならないのに肌がふっくらしてくれたので、同じシリーズの日焼け止めなら安心して使えるし、効果も高そうだと思いました。

 

3.最初の印象は?(テクスチャー・刺激、気になった点など)

日焼け止めなのに高保湿のクリームみたいにこっていりしていたので、買い間違えたかと思いました笑。実際は指先で簡単に伸ばしていけたので、肌を擦らずにいけます。B.Aシリーズだけあって、アイクリーム同様何か刺激を感じたり、肌に異常が現れてもいません。

 

4.どんな効果があったか、他の商品との違い、改善して欲しい点

肌への密着感が高いけど、付けている間に肌が疲れてると感じる事がありません。真っ白なのですが伸ばすと程よい色合いで、少しトーンアップにも繋がります。評判通り、クレンジングで落とした後も肌の保湿感が続いていて、美容成分が入っているだけあると思いました。ただシリーズ共通らしい、ウッディ系の香りがかなり強いので、無香の方が使いやすいです。
>>公式HPで詳しく見てみる!

参照:POLAの日焼け止め

50代の日焼け止めの上手な使い方とSPF値・PA値

50代で日焼け止めを使う際のポイント

50代の日焼け止めの上手な使い方のコツは丁寧に塗ること、こまめに塗りなおすことです。

 

刺激に敏感になっている分紫外線のダメージも受けやすいですし、日焼け止めそのものの刺激も気になります。

 

肌の状態をよく見極めたうえでつねに適切な環境を整えるよう意識して使うことが求められます。

 

使い方
塗り残しに注意

50代日焼け止めおすすめ効果特徴使い方選び方

顔だけでなく全身を意識して使うことが大前提。

 

手には使っている方は多いですが、意外に忘れられがちなのが首とデコルテ

 

日焼け止めを使っていても顔ほど意識してケアしていない人も多い一方、

 

顔と同じくらい紫外線に晒されてダメージを受けやすい部分。

 

とくに50代になるとこの部分の老化が目立つように、

 

顔は白いのに首とデコルテは日焼け、顔は若いのに首にシワが目立つといったコントラストができないように注意。

 

唇ケアも忘れずに

50代日焼け止めおすすめ効果特徴使い方選び方

それから塗り残しを作らないよう全体にムラなく塗るよう心がけること。

 

顔には眉間や小鼻のわき、まぶたといった起伏があって塗りにくい部分が。

 

こうした部分にもしっかりと付しておくようにしましょう。また以外と忘れられがちなのが

 

この部分は角質層が薄い上にメラニン色素の分泌量が少ないため紫外線に敏感な部分。

 

紫外線に晒されていると乾燥が進んでガサガサの状態に陥ってしまうことも。

 

この部分の乾燥が気になる方は紫外線カット効果のあるリップを使うなど専用のケアも取り入れるのがお勧め。

 

フェイスラインの塗り忘れはしわの原因

50代日焼け止めおすすめ効果特徴使い方選び方

もうひとつ意識しておきたいのがフェイスライン。

 

顔だけでなく首とデコルテも大事と書きましたが、その境目になるフェイスラインも塗り残しが多い部分です。

 

この部分に日焼けができてしまうと目立ちますし、

 

紫外線のダメージが蓄積するとシワができやすくなる部分でもあるので注意して忘れずに。

 

場所では首の後ろも知らず知らずのうちに紫外線を浴びてしまう部分なので気をつけたいところ。

 

ミストタイプで頭皮もケア

50代日焼け止めおすすめ効果特徴使い方選び方

あとは日差しが強い日に長時間外出する場合、

 

頭皮のダメージを防ぐためにもミストタイプの日焼け止めなどで髪の毛と一緒に紫外線対策を行うとよいでしょう。

 

塗付する際には少ない量を重ねづけするよりも、多めに塗付したうえで余った分をオフしたほうが効果が出やすいといわれています。

 

この点はスキンケア製品とアプローチが正反対になるので意識してみましょう。

 

50代になると「うっかり日焼け」が肌に大きなダメージをもたらしてしまうことも多く、

 

顔だけでなく全身を意識した紫外線対策と上手な日焼け止めの使い方が求められるようになります。

日焼け止めの仕組みと成分、SPF値・PA値について

50代日焼け止めおすすめ効果特徴成分使い方選び方
日焼け止めの仕組みには紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2つのタイプがあります。

 

またスキンケア製品などにも配合されている美容成分の中には紫外線をカットする効果を備えているものもあり

 

日焼け止めを選ぶ際の参考にもなります。

 

SPF・PAの数値も意識しながら自分の肌に合ったものを選んでみましょう。

 

紫外線吸収剤

メリット

・肌が紫外線を浴びたときに化学反応を起こすことで無害な物質に変えてダメージを防ぐ
・非常に高いUVカット効果を備えており、日差しの強い日のケアに適している
・効果が長持ちする

デメリット

・化学反応を起こす際に肌に刺激を与えてしまう
・化学反応によって変化した物質が人によってはアレルギー反応や炎症を起こしてしまう
  →刺激に敏感な方や年齢肌の紫外線対策にはあまり適していないとの意見が多く見られる

 

紫外線散乱剤

メリット

・肌が浴びた紫外線反射することでダメージを防ぐ
・肌への負担が少ない

デメリット ・紫外線を無害化する吸収剤に比べて反射するだけなのでカット効果そのものはやや劣る
その他の特徴

・エイジングケアを意識して作られた日焼け止めではこのタイプが多い
・「ノンケミカル」という名称でよく売られている
・酸化チタンや酸化亜鉛といったサンスクリーン剤と呼ばれる種類がよく使われる

 

50代日焼け止めおすすめ効果特徴成分使い方選び方
どちらがよいかは肌質や紫外線を浴びる量によって異なるので、自分なりによく検討して判断する必要があるでしょう。

 

ただ近年では低刺激を重視して美容成分や天然成分を日焼け止め成分として使用する製品も増えており、

 

ビタミンCやビタミンA、ハーブ由来のエキスなどが使用されることもあります。

 

ただこれらの成分のUVカット効果には限界があるので強い日差しにはあまり適していない面もあります。

 

日焼け止めを選ぶ際の最大のポイントともいえるのがSPF・PA値です。

 

SPFとPA
SPF 
・数字表記
・シミや日焼けの原因UV-Bを防ぐ効果

 

PA
・+で表現
・シワや老化の原因UV-Aを防ぐ効果

 

・いずれも数値が高いほど紫外線を防ぐ効果に優れている
・シミとシワの予防のどちらをより重視したいのかによってSPFとPAのどちらを重視して製品を選ぶのかが決まってくる
・基本的に数値が高いほど、先ほど触れた紫外線吸収剤が使用されるなど肌への負担が大きくなる傾向がある

50代のベースメイクのポイントと注意点

スキンケアには適切な順番があります。

 

いろいろなアイテムを使う機会が多くなればなるほど

 

この順番が仕上がりに大きく影響することがあるので注意が必要です。

 

ベースメイクはスキンケアの後

50代日焼け止めおすすめ効果特徴成分使い方選び方

基本的には美容液、クリームといった基本的なスキンケアを行った後

 

日焼け止めを使い、それから下地、ファンデーションの順番。

 

日焼け止めは紫外線をカットする効果を備えている一方で肌に負担をかけてしまう面も。

 

紫外線吸収剤に代表されるように効果の高い日焼け止めほど肌に刺激を与えるリスクがあるため、

 

あくまで負担にならない範囲内で賢く活用していくように。

 

50代の肌環境を念頭に

ですからスキンケアをしっかり行った後で使うのが大前提。

 

化粧水、美容液で保湿成分などを補った上で乳液・クリームでフタをして肌を整える。

 

そのうえで日焼け止めを使わないと肌に負担をかけてしまいかねない。

 

とくに50代の肌は乾燥とバリア機能の低下が進んでいるため、スキンケアをしない状態でいきなり使ってしまうのは避ける。

 

日焼け止めと下地の使用量のバランスも大事

50代日焼け止めおすすめ効果特徴成分使い方選び方

下地との順番も重要。

 

日焼け止めよりも下地を先に塗ってしまうと、ファンデーションと下地の間に日焼け止めを挟んでしまう形になるため、

 

ファンデの密着度を高めて化粧崩れが起こりにくくするという目的が損なわれてしまうので注意が必要。

 

ただ日焼け止めをたっぷり塗った後に化粧下地を使うと肌になじみにくい面もあるので

 

どちらも適量を踏まえながら使っていくのが上手な使い方のポイント。

 

パウダータイプの日焼け止めは例外

ただこの点は例外もあり、パウダータイプの日焼け止めの場合は

 

化粧下地の前につかってしまうと、下地を塗っている間にパウダーが崩れてしまう恐れがあるので後に使ったほうがよいことも。

 

この点は製品に記載されている適切な使い方を踏まえたうえで最終的に判断することになるでしょう。

 

スキンケアが日焼け止めの負担を軽減

50代日焼け止めおすすめ効果特徴成分使い方選び方

乳液・クリームと下地の間に日焼け止めを使うことになり、

 

これらのアイテムでも紫外線対策を行っておくことで、日焼け止めの負担を和らげることもできる。

 

とくに乳液と下地はUVカット効果を備えた製品が増えており、この2つのアイテムで紫外線対策を行うことで効果の高い日焼け止めを使わずに済む、

 

またはちょっとした外出程度なら日焼け止めを使わずに済ませることもできます。

 

ミストタイプで外出先でもケア

50代のベースメイクではこの点も意識して、日焼け止めに頼らない紫外線対策を検討してみるのもよいでしょう。

 

あとは外出中に紫外線が気になったときに重ね塗りができる日焼け止めを用意する、

 

ミストタイプのようにメイクの上でも簡単にケアできる日焼け止めを使うといった工夫も取り入れてみると、日常生活の中でより賢く紫外線対策ができるようになるのでおすすめです。